たとえば、私。

今日はなんとなく考え事をしました。

というのも、機械の調子が悪く せっかくの実験が最後の段階でパァになった事件にて。
このために何日かかけてきたわけだから、
普通「イラっ」としますよね。


例えば。
音楽に置き換えるなら。
一生懸命練習してきた夏のコンクール。
ところが結果は「時間オーバー(=失格、審査の対象外)」。
どうしようもないですよね。。
うーん、実験の話とはちょっと違うような気もしてきた。

例えば。
料理に置き換えるなら。
野菜にお肉、切って炒めて灰汁とって。
そしていよいよ「カレー粉投入!」
but あ、カレー粉がない!!!
これはどうでしょう。
うーーん、この場合は「肉じゃが」に変更したらいいだけですね。。


例えられていないにも関わらず、まだ話を続けますが(笑)。


女性と男性って、やっぱり違うなぁって ずっと前から思ってるんですね。
いやいや、私はここでジェンダー論をつらつら述べるつもりもなく。

今日どうしてこんなことを考えたかというと、
実験が失敗した(しかも、明らかに過失ではなく他に原因がある)とき、
女性と男性での受け取り方というか、対応、感情、いろいろ違っているのが見えて
とてもおもしろいなぁ。とか思ってました。
個人の性格に因るところが大ですが。もちろんもちろん。


偏見だと理解したうえでいいますが、私の経験上
女性はこういう場合 怒りを抑えられないことが多いです。
つまり「いらっ」ときて、態度に出てしまいます。
一方、男性のほうはというと 確かにいらっときてはいるのですが
そこまでキレオーラを放出しません。

あくまで私の周りの話です。。
気分を害された方がいたらゴメンなさい。。


たとえば、私。
どうでしょう。
もしかすると、「ぷんぷん」オーラが出たりしてないだろうか。
こういう時に 周囲にマイナスオーラを出さないような人間に、
いや、そういう「女性」になりたいなぁと思うのですね。
あえてココ「女性」。

「むっ!」って思ったときは、出来る限りださないように努力しているつもりです。
え、そんなことないですか!??(笑)


何があってもあまりカリカリせずに、ジョークのひとつでも言って
やんわり受け入れることの出来る友人(男性)を横にして、そう思いました。
こんなに近くに手本が居てくれて 私はラッキーですね。



この先、どういうポジションで何をするにしても
大事な要素やと思います。

男性にあって女性にないもの。
えぇなぁ~って思ってるばかりじゃなくて
取り入れられるのならば、取り入れていけばいいだけのことやなって思えました。


ときどきこうやって、距離をとって自分を眺めないと
きっと傲慢な人間になってしまうだろうという気がします。
おそろすぅいー。



すぅい~てぃ~~!???(意味不明◎)
by irur-sep16 | 2006-09-05 05:44 | ひとりごと
<< うむーーー。。。 ひさヴィサ >>